伝承のわらべ唄 伝承のわらべ唄との出会い



わらべ唄には必ず意味があります。意味をわかって伝えることが大事です。わらべ歌を通してこどもの生きる力を育みます。今回はわらべ唄の出会いからお話しします。



 

藤田春義(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。むかわ町にて保育の仕事を6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。北翔大学短期大学部非常勤講師。札幌国際大学非常勤講師。

関連記事

すべて表示

絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」が、30回にわたってNaef社・ネフスピールの遊び方を紹介する第9回目。

月刊絵本のように、毎月新刊が届く「定期刊行かみしばい」があります。童心社では1968年からこれまで、紙芝居を発行し続けています。

絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」が、30回にわたってNaef社・ネフスピールの遊び方を紹介する第10回目。