こどものとも0.1.2. おんぶに だっこに かたぐるま


こどものとも0.1.2. 2021年12月号

おんぶに だっこに かたぐるま

乾栄里子 文 / 西村敏雄 絵



大人の体は自由自在のジャングルジム


作者の乾さんが折り込み付録「絵本のたのしみ」で書いているとおり、「幼い人たちは、お母さんやお父さんの体をよじ登ったり、ぶら下がったりして遊びます。その記憶が体の中に残っていたら嬉しい」ですね。


これは、まさにその楽しみがそのまま絵本になっています。体育学を教えている方が話していたことですが、この絵本のように大人の体によじ登ったり、つかまったり、ぶら下がったりして遊ぶときは、大人もこどもの体をちょうどいい力で支えている。双方が力加減を調整しているから身のこなしがとてもスムースになるのだそうです。


わが家でも、肩車でてっぺんまで登ったら、するすると背中を伝って降りてくる。最初はこわごわでも、すぐに慣れて早く降りられるようになる。また、肩車のままで、お父さんは腕をバンザイのようにして、こどもの両腕を取ってくるりと前回りをする。こどもはドキドキで楽しくてうれしいのです。


読み方アイデア

お父さんの出番です。まずは絵本を持ってあぐらをかきます。そこへお子さんを座らせます。表紙を見てタイトルを読み始めます。ページを開いて本文を読みます。「おんぶに だっこに かたぐるま だれかのるこは いないかな」。読んでいる最中に、背中に回って登り始める子もいるかもしれません。そうやって楽しむのがこの絵本の楽しみ方です。


202112育児支援手引き
.pdf
Download PDF • 73KB

 

藤田春義(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。むかわ町にて保育の仕事を6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。北翔大学短期大学部非常勤講師。札幌国際大学非常勤講師。

関連記事

すべて表示