こどものとも0.1.2. きのこのこ


こどものとも0.1.2. 2021年10月号

きのこのこ

得田之久 文 / ザ・キャビンカンパニー 絵



のぼる、すべる、わたる、あるく


「こどものとも0.1.2.」の10月号をご覧になっている皆さん。4月号の『どんどこどん』を楽しんでから今回が7冊目の絵本です。初めて絵本に出会ってからまだ半年しか経っていないのです。それなのに赤ちゃんは絵本を楽しんでいるでしょう、分かっているでしょう。赤ちゃんのすばらしい能力に驚きます。


さて今月の『きのこのこ』は、登場する4人のきのこたちの動きに注目してください。のぼる、すべる、わたる、あるく。どれもやってみたくなることばかりです。歩き始めた赤ちゃんは間もなく、ちょっとした傾斜なら登り始めます。階段だって登ろうとします。何でもできる気になっているようです。きのこたちと同じですね。マットレスや、座布団などで障害物をつくれば、乗り越えたり、跨いだりと新しい動きを楽しむでしょう。


赤ちゃんは、歩けることが楽しくて嬉しくて、得意になります。手を叩いて喜んでやりましょう。ただし危険なことも起こりますから十分注意します。特に落下は大きな事故に繋がります。窓や階段など、まだまだ大丈夫だと思っていると、思いがけないことが起こります。踏み台になりそうなものは除くこと!


読み方アイデア

赤、青、黄、緑の4人のきのこたちをつくって壁に貼ってください。見つけたらきっと指を差して教えてくれるでしょう。最後のページのきのこたちのかくれんぼと合わせて楽しんでください。


202110育児支援手引き
.pdf
Download PDF • 82KB

 

藤田春義(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。むかわ町にて保育の仕事を6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。北翔大学短期大学部非常勤講師。札幌国際大学非常勤講師。

関連記事

すべて表示