定期刊行かみしばいって?

ご存知でしたか? 月刊絵本のように、紙芝居も毎月新刊が届く「定期刊行かみしばい」があります。童心社では、1958年からこれまで、定期刊行かみしばいを発行し続けているんです。毎月、紙芝居をつくり続けるって大変そう。


現在は、「年少向・8場面 おひさまこんにちは」「年中〜年長向・12場面 ともだちだいすき」の2種類が刊行されています。なんと童心社では、紙芝居についての動画を配信中。そのひとつに、「定期刊行かみしばいってなあに?」というものがあるので、皆さんにもご紹介いたします。

毎月新しい紙芝居が届くと、また違う楽しみ方ができますよね。ぼくは、あまり紙芝居を読んでもらった思い出がないのですが、保育園や幼稚園で読まないと、ほかではあまり機会もないのです。紙芝居に出会うこどもたちが少しでも増えますように!


●定期刊行かみしばいってなあに?


●2022年度年間ラインナップはこちらをご参照ください
※童心社のサイトに飛びます


年少向・8場面  全12巻

毎月定価1,540円 / 年間定価18,480円

初めて出会う紙芝居。リズミカルなことばとシンプルな構成で、みんなで楽しむ心を育てます。生活によりそったお話や、行事に親しむ紙芝居など、バラエティ豊かな作品がそろいました。


紹介動画▷
2022年4月号

たんぽぽぐみのおへやです

こがようこ 脚本 / ひろかわさえこ 絵

新しいたんぽぽぐみに、ひよこちゃんがやってきました。たんぽぽぐみのおへやには、なにがあるかな?ともだちいっぱいできるかな?

 

年中〜年長向・12場面  全12巻

毎月定価2,090円 / 年間定価22,800円

物語に親しみながら、共感する心を育てます。紙芝居ならではのドラマチックな展開で、お話を楽しみ、身近な自然や行事などへの興味を引き出します。


紹介動画▷
2022年4月号

レレコせんせいの おまじない

新沢としひこ 脚本 / 市居みか 絵

クモが苦手なランタに、レレコせんせいがおまじないを教えてくれました。「ヘッチャラランタン タンコロピー」ランタがさけんでみると……。
 

関連記事

すべて表示

絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」が、30回にわたってNaef社・ネフスピールの遊び方を紹介する第20回目。

絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」が、30回にわたってNaef社・ネフスピールの遊び方を紹介する第19回目。

絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」が、30回にわたってNaef社・ネフスピールの遊び方を紹介する第18回目。