えほんの党 えほん開拓史①



今回からは、えほんの党の大阪支部鈴木氏も加わっての対談。いろんな絵本の楽しみ方を実践しながら、こどもと向き合う庭的読書のパイオニア。テーマは「聞くことから始まらない絵本!?です」。



藤田進(以下、進):こんにちは。庭的読書のパイオニアの鈴木さん、今回はどんな話をしましょうか?


鈴木健司(以下、鈴):こんにちは。先日『カレーライス』(福音館書店)を読む時に、家からカレー粉を持っていって、「今から読む本は何かわかる?」ってこどもたちに聞いてみたんです。


:ほほう。何でまた?


:そこなんですけどね。そもそも絵本に馴染みのない人たちもいるわけです。絵本を体験すらしたことのない大人やこどもが……。僕の経験ですけど、そういう人は集団で絵本を読む時にはみ出ちゃうことがある。


:絵本を読んでいても聞けない人がいるって意味ですか?


:あっ、それそれ!絵本って無意識に「聞く」という入り口をつくっちゃってるんです。それって結構ハードルが高いんですよ。わかりにくいかもしれませんが……。


:確かに無意識に「聞く」てのを前提にしてました。


:でしょ!だから、僕は庭的読書って気に入ってるんです。つまり、庭的ですから、五感のすべてが絵本の入り口になる。これまた、わかりにくいかもしれませんが……。


:絵本を楽しみ / 世界を愛でる時に、「聞く」ってのはひとつの要素でしかないってことですかねぇ。う〜ん、視界が一気に拓けてどこにいるか見失いそう。


:カレー粉なくたって、こどもたちは想像しながら匂っているかもしれません。でもね、「聞く」ってことを重視し過ぎてる気がするんです。う〜ん、誤解されそう。つまり、「聞かせる」ってことを重視し過ぎてるてことかな。


:聞けない人は、絵本の入り口に入れない。っていう無意識のハードルか……。(つづく)



 

鈴木健司(すずきけんじ)
関西こどものとも社勤務。よみきかせボランティアサークル三丁目の鷹主宰。兵庫県伊丹市立図書館でよみきかせを学び、以来さまざまな現場で絵本のよみきかせを行う。2022年度に福音館書店よりこどものとも年少版で『さんぽにいったバナナ』を出版予定。

 
※この記事は庭しんぶん10号(2018年6月号)に掲載されたものです。

関連記事

すべて表示