保育と絵本 月刊絵本の価値と使い方



福音館書店の月刊絵本は、何種類かあるコースの中から、こどもの年齢や興味に沿って選ぶと、毎月新刊がペーパーバッグで届きます。その魅力と保育の中での楽しみ方をお話します。


 

藤田春義(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。むかわ町にて保育の仕事を6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。北翔大学短期大学部非常勤講師。札幌国際大学非常勤講師。

関連記事

すべて表示

絵本は世代を超え世代をつなぎ、文化としての価値を高めています。こどもに繰り返し読むことで、絵本を通して同じ言葉や場面を共有することができます。

絵本を利用した0歳児クラスでの子育て支援の取り組みを紹介します。絵本を読むことで、こどもと保育者、保護者、そしてこども同士をつなげます。